顔のタイプ別似合う髪形

髪型に関する情報サイト

髪型の種類を知ろう。

日本で最も古い男性の髪型は、古墳時代の「美豆良」という耳の横で、左右に分けて結ぶ髪型です。
結んだ髪の毛を肩までおろしておく髪型の事を「下げ美豆良」と言っていて、耳の上で結んだ髪型の事を「上げ美豆良」と言っていました。
結ぶ位置を変える事で、自らの身分を表していました。
時代が進むにつれて「美豆良」は、大人の定番の髪型ではなく、子供の定番の髪型となっていきました。
古墳時代の女性の髪型は、髪の毛を結んだりせず、そのままおろしていたり、結んだ髪の毛を頭上に置き、置いた髪の毛を潰した髪型「潰し島田」という髪型の人もいました。
髷イコール男性というイメージが強いかもしれませんが、女性も古墳時代では、髷を結っていました。
奈良時代になると、髪を頭上で結う「髻」という髪型が男性の髪型として主流になりました。
なぜこの髪型が主流になったかというと、冠を被りやすくするためと言われています。
女性の主な髪型は、古墳時代とあまり変わらず、結んだりせず、そのままおろしていたり、潰し島田に近い髪型が主流でした。
性別関係なく、時代と共に髪型が変化していき、現在に至ります。
このサイトでは、男性と女性に分けて、髪型の種類や髪型別のメリットとデメリットや顔のタイプ別に似合う髪型を紹介したりします。
髪を切りに美容室などに行く際に髪型を毎回悩んでしまう方や髪型について興味がある方向けの内容になりますが、雑誌を読む感覚で気軽に読んでみてくださいね。

古くからある日本の髪型の歴史

髪型と簡単に言っても様々な髪型の種類がありますよね。 毎回どんな髪型にしようか悩んでいる方へ女性向けと男性向けに分けて髪型の種類を紹介したいと思います。 髪型の種類を覚えておくと、次の髪型を決めやすいかと思いますので、参考にしてみてくださいね。

様々な髪型のメリットとデメリットを調べてみた

髪型によって手入れのしやすさなどが異なったりするので、髪型別にメリットとデメリットを調べてみました。 季節に合わせて髪型を変えたり、オシャレ重視で髪型を変えたりするのも良いかもしれませんが、髪型別のメリットとデメリットを考慮した上で髪型を決めるのも良いかと思います。

顔のタイプによって似合う髪型が変わるんです

皆さんは、顔のタイプによって似合う髪型と似合わない髪型があるのを知っていますか?自分の髪なんだから、好きな髪型にしたいって思う方も多いと思いますが、自分の顔のタイプに合った髪型にするとより印象が良く見える場合がありますので、顔のタイプによって似合う髪型を紹介したいと思います。