古くからある日本の髪型の歴史

男性

主に横と後ろがかなり短いベリーショートやベリーショートよりも少し長いショートやロングとショートの中間ミディアムやロングがあります。
その他に、全体的に同じ長さの坊主や真ん中の髪の毛を長めにして、ひし形みたいな形のソフトモヒカンや襟足を長めにして、トップを短めにするウルフカットなどがあります。
後ろの襟足を短くしたネ―プレスや耳のあたりを短くして、それ以外の部分の髪を長めにし、上からかぶせるツーブロックなどの髪型もあり、男性に人気のある髪型です。
紹介した髪型は、ごく一部で、この他にも様々な種類の髪型があります。
様々な髪型を試して自分に合った髪型を見つけておくと、髪型に悩むことがなくなるので良いかもしれませんね。

女性

短髪の種類は、主に横の髪は、耳の上ぐらいの長さで、後ろは借り上げている場合が多いベリーショートや丁度うなじが見えるくらいの長さのショートやショートでもなくロングでもないあごのラインから肩にかかるくらいの長さのミディアムなどがあります。
長髪の主な種類は、胸よりも上の長さで毛先が肩あたりにつくセミロングやロングなどです。
この他にも前髪を揃えて後ろの髪の毛を短くしたボブやそのまま髪の毛をおろしたダウンなど様々な種類の髪型があります。
機会があったら、新たな発見があるかもしれませんので、違う種類の髪型も調べてみてくださいね。
毎年、様々な髪型の種類が登場していて、その年により、髪型の流行が異なるので、雑誌などでチェックしておきましょう。


この記事をシェアする