様々な髪型のメリットとデメリットを調べてみた

メリット

ショートカットにするメリットは、髪の毛を整えるのに時間かからない事や髪の毛を洗ったり乾かしたりするのも楽な事です。
ミディアムやセミロングにするメリットは、扱いやすい事で、ロングだと髪をまとめるのが楽というメリットがあります。
坊主だと髪の毛を整える必要がなく、バリカンがあれば自分で好きなように髪の毛をカットする事ができます。
ちなみに、パーマをかけていないストレートの髪だと、髪の毛が傷まなかったり、自由に髪の毛のアレンジをする事ができます。
パーマをかけている髪だと、まとまりがあり、髪型のアレンジをしやすいです。
縮毛矯正をかけていると、常に髪の毛がまっすぐで、スタイリング剤が無くても髪の毛がサラサラです。

デメリット

ショートカットにするデメリットは、少し髪の毛が伸びるだけで、髪型が崩れやすくなったり、自分でカットするのは困難です。
ミディアムやセミロングにするデメリットは、肩の位置に髪の毛があると髪の毛がはねやすいです。
ロングにするデメリットは、洗ったり乾かしたりするのが大変で、髪の毛が床などに落ちたりすると掃除が困難になります。
坊主にするデメリットは、冬は頭が寒くアレンジする事ができません。
ちなみに、パーマをかけている髪だと髪の毛が傷んでしまったり、数か月でパーマがとれてしまい長持ちしません。
縮毛矯正をかけていると、定期的にケアをしなければ髪の毛が傷んでしまいます。
メリットとデメリットをよく知った上で、どんな髪型にするか決めましょう。


この記事をシェアする